親知らずの抜歯で大変な経験をしました

18歳ぐらいの時から本格的に親知らずが生え始めましたが、なぜか顎が狭いため親知らずがまっすぐに生えてきてくれず、ほんのちょっとだけ出ている親知らずが歯茎に炎症を起こしてしまって食べ物を噛むのも辛くなってしまいました。歯科を受診したところ、親知らずがうまく生えてくるスペースがないので、どうしても炎症を起こしやすい環境になっているとのこと。親知らずを抜歯することが最善策ということになりました。予約を改めて取って、翌月に親知らずの抜歯をすることになりました。当日は、朝からかなり緊張しましたが、これで歯茎の炎症に悩まされることがなくなるのだと思うと、少し期待感もありました。まずは特別で依頼していた笑気麻酔を鼻から吸入しながら施術開始したので恐怖感はほとんどなく、リラックスして抜歯してもらうことができました。歯科医が体重をグイグイかけながら斜めに生えている歯を抜いていくので体もゆらゆらと動くほどでした。かなり手こずっているようでしたが、なんとか親知らずが抜けて心から安堵しました。抜歯後は抗生剤を飲み、アイスパックで冷やしてアフターケアをしていましたが、やはり翌日は学校にいけないぐらいに大きくほっぺたが腫れ上がってしまいました。でも3日ぐらいで歯茎の痛みも楽になり柔らかいものなら食べられるようになりました。実はもう片方にも親知らずが埋まっているのですが、なるべくなら抜かない方向でだましだましやっていきたいと思っているところです。私は親知らずの問題で歯科医院に頼ったことがあります。これは大人になってからの出来事で問題が大きかったです。実際に歯科医院で診察を受けると直ぐに治療すべきだと言われました。私は親知らずの抜歯に対してあまり知識がなかったと思います。それで痛いというイメージは持っていました。また痛みが嫌いなので本当は治療をしたくなかったです。しかし歯科医院の先生の話では親知らずのことで将来が不安になると言われました。例えば将来に問題が起こって大きな治療が必要になるのでした。だから早く親知らずの抜歯をすべきだと説得されたのです。私は不安を持って親知らずの抜歯をした記憶があります。言われたことは親知らずには麻酔が効かないケースがあるというものです。それを聞いてより大きな不安を覚えました。しかし最終的には親知らずの抜歯をして良かったと感じました。実際に親知らずの抜歯は痛みがあって気分が悪くなりました。それを医師に伝えると作業を中止してくれました。再開した時は痛みが小さくなっていて良かったです。親知らずの抜歯は苦労したので先生には感謝しています。歯科医院の対応は適切で満足できました。未来に親知らずのことで問題が起こらなければ安心できます。

病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボクリニック集客ノウハウクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビ